猫と気ままにオランダ暮らし

オランダでの暮らし、猫との暮らし、ガイド&バイヤーの仕事などを書き綴っていこうと思ってます!

ありがとう、、スポーキー  ずっと一緒だよ。。

f:id:Orandakurashi:20170222173853j:imagef:id:Orandakurashi:20170224203020j:imagef:id:Orandakurashi:20170222173912j:image

f:id:Orandakurashi:20170224203202j:image

今日は、スポーキーが天国に行ってからちょうど3ヶ月になります。 18歳まで生きました。

 

どうしてもスポーキーのことを書きたかったので、今日はスポーキーのことを書かせてもらいます。。

思い出にというより、これを気に前を向いて進まなきゃいけないと。。

いまだにスポーキーの写真を見ると涙が止まらなくなるので、見ないよう&思い出さないようにしていました。今も涙を流しながら書いてます。

 

今日は、スポーキーに宛てた手紙を書こうと思います。よかったら、読んでください。。

私がオランダにお嫁に来た時、あなたはまったく私と仲良くしてくれず、触らせてもくれなかったね。とても悲しかったんだよ。。あなたは知ってますか? いつからだろうね。。いっつもそばにいてくれたよね…お風呂も一緒、トイレにも来たよね、テレビ見るときも、パソコンで仕事しているときも、料理しているときもいつもどんなときも一緒だったよね。 

4年前から癌になり、それでも誰よりも元気で、他の猫の餌まで奪い取ってね。よく怒っていたのも覚えてます。

スポーキーっと呼ぶと必ず特徴ある歩き方で来てくれましたね。あの姿が頭から離れず、いまだと時々呼ぶことがあるの。。天国に届いてるかな。。

 

あなたが天国に旅立つ2日前、一日中離れずに、ずっと話をしてくれたよね、本当にうれしかったよ。。あれが、お別れの挨拶だったんだね。。知っていたら、もっともっと一緒にいてあげたのにね。。ごめんね、、

天国に行く前日、仕事で帰宅が遅くなってしまい、久しぶりにダッシュして帰ってきたんだよ。。玄関でふらふらになりながらも待っていてくれてありがとう。。嬉しかったよ。。

 

一緒にいた10年間、本当にありがとう。。猫好きになれたのもあなたのおかげです。

なかなか離れることが出来ず、決心が出来ず、お墓作ってあげてないね。。ごめんね。。毎日話しかけて、触っていたいの。。そばに居て欲しいの。。

 

あなたの分まで、スーシャとピクシーを大切にするから、天国からずっと見守って居てください。

いい思い出として、前を向いていかなきゃね。。

 

本当に本当にありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なかなか前に進むことが出来ず、亡くなったスポーキーを抱きかかえて、3時間以上ないていたかもしれません。隣人に聞こえてしまうくらい、朝から大泣き。。

きっと主人はもっと辛かったと思います。18年間一緒だったから。。それも体調悪くなってから彼は、亡くなる数日後まで日本。。生きて会わせる事が私の任務と思い、一生懸命に介護したけど。。駄目だった。

ペットドクターに言われた言葉で苦しかった心が少し楽になりました。

あなたほどこんなにも介護する人は見たことがないよって。。

救われました。。

 

その日は、我が家のお店で仕事の日、、

目を腫らしながら、お店に。。

うちの従業員も世話をしてくれていたので、よく知っていて。。

全く仕事にならない、、

お客さんからも元気出してって言われちゃうくらい 、、恥ずかしいですよね。

従業員から帰ってゆっくりして!僕がやるからって言ってもらい、早退、、

 

オランダ人の優しさに心から感謝です。

泣いてくれる友達、従業員、本当に1人で辛かった。。

 

異国の地で、初めて飼ったペット。ペットというより自分の娘。

 

まだまだ泣いてしまうけど、彼女は今楽しく過ごしてるんですよね、、苦しくないし。

書きながら涙が止まらなく、文がまとまっているか心配ですが、、

 

どうしても、ブログでスポーキーのことを書きたかった。。

 

さぁ〜て、母さん頑張るかね!

#オランダ #オランダ暮らし #猫 #オランダ移住