猫と気ままにオランダ暮らし

オランダでの暮らし、猫との暮らし、ガイド&バイヤーの仕事などを書き綴っていこうと思ってます!

アムステルダムで、ペットを預ける場合

我が家は、一年に一度、2ヶ月間日本に滞在します。

その期間、猫ちゃんたちを預けなくてはなりません。

昔は、従業員たちや隣人に頼んでいたのですが、2ヶ月間は、猫たちにとってもストレスのようで、、

毎日数分しかかまってもらえない、つまらない。。だからなのか、家の中を荒らしまくり、、

そうですよね。。人間だって、2ヶ月間あまりかまってもらえなかったら、イライラしたりしますもんね。。

 

オランダにはたくさんのペットペンションがあります。

 

日本のように小さなケースに入れられるとかどはなく、広々した敷地内に猫ブース、犬ブースに分かれています。

 

きちんとした管理。キャットシッター、ドッグシッターの資格がある方がやっていたり、大きなペンションや預かる施設には、たくさんのシッター資格者がいるようです。

大切な大切な我が子を預けるんですもの。心配ですよね。。

ヨーロッパの方達は、長い休みを利用して旅行に出かけます。

だから、こういうペンションや施設は大切!

 

私達も預ける前にいくつもいくつも実際に見て回り、話を聞いて決めました。

 

猫たちがイキイキ出来て、お友達と遊べる環境。猫の餌や水などなど。

 

我が家の娘たちが行ってる、ペットペンションは、本当におすすめです!

今では、五年くらいお世話になってます。

 

太らせないように、パーフェクトボディな我が子たち。ペンションに行くと、餌が食べ放題なので、太ります。基本いやしんぼなので。。笑

 

でもきちんとその旨を伝え、管理してもらっていて、毎週メールが着ます。体重や生活中大丈夫なのか。。

薬が必要な場合は、事前に伝えれば、きちんと飲ませてくれて管理してくれます。

FBでも写真をアップしているので、見ることが出来ます。

 

私の家からは、かなり遠く、車がないと行けません。

そういった方用に、ピックアップサービスもあります。

 

本当に至れり尽くせりのペンション。まっ、お金はかかりますが、、苦笑

 

私達のように猫2匹で2ヶ月間。半端ない金額です。

そこはオランダ。交渉です。

いくらか安くしてくれます!

 

離れていると心配だけど、日本の一軒家くらいのお部屋にたくさん遊び場があり、水も飲むところがいくつもあり、スタッフも猫だけで、3人くらいはいるかな。

犬に関しては、詳しくないですが、ドッグランの広い場所や管理も行き届いているようです。

 

オランダは、動物愛護の国。

とても大切にされていて、毎日クルクル保護団体の車が街中を走ってます。

保護された犬猫は、施設に行き、写真がアップされ、飼い主を探します。

もし、見つからなかった場合、ペットを欲しがっている方達が飼うことが出来ます。

歳をとった犬猫たちも温かい家族に迎えてもらっているようです。

 

犬猫を飼っている方が日本に比べるとかなり多いので、ペットショップやスーパーのペットフードコーナーは、かなり充実しています。

特に猫天国オランダは、飼っている人が犬より多いので、キャットフードがドッグフードより多いです。

 

ペットショップも私の家の周りには、4軒以上あります。

 

オランダは、ペットを飼っている人たちにとって、本当に暮らしやすいかなと思います。

街中には、犬用の糞を入れるゴミ箱にビニール袋までついてます。

犬は犬税がかかりますが、おかげで街はきれいです。

 

もちろん、道路税も私たちは払っているので、汚ないストリートがなく、気持ちよく朝から歩けます。

結構汚ないストリートの国ありますもんね。

オランダは、大丈夫ですよん!

 

もうすぐ春が訪れ、チューリップの時期になります!

是非、来てくださいね!

 

では、ペットペンションのサイトを教えますね。

https://www.dierenpensiontussenwijck.nl

日本にもあるのかな、、こんな素晴らしいペンション。。

#オランダ #オランダ暮らし #猫 #犬 #ペットペンション